葬儀後の手続き

2015.10.18

エンディングノート~その1

エンディングノート~その1

エンディングノートとは、自分の人生の終末期や死後についての方針を書きとどめておくノートのことを言います。
そこでは

①人間関係についてのこと(基本情報、家族、友人等)
②財産関係についてのこと(預貯金、不動産、株式等)
③保険関係についてのこと(加入保険、個人年金、企業年金等)
④身体関係についてのこと(介護費用、資産管理等)
⑤死後についてのこと(葬儀、お墓、相続等)
⑥残された方々へのメッセージ
といったテーマに分けられます。
ここで、エンディングノートを作っていくにあたり一番気をつけていただきたいのは
「何について」
「何の目的で」

そのテーマを書いているかをしっかり意識するということです。
ひとつ一つの項目を完成させた結果、エンディングノート全体が完成していきます。

「木を見て森を見ず」になるのはあまり望ましいことではありませんが、
「森ばかりを見て木を見ず」になることだけは避けなければなりませんね。

市販のエンディングノートに沿って作り上げていくようにすれば、自然と「木を見て森を見ず」になることなく出来上がりますので、目の前のテーマにしっかり向き合っていきましょう。

 

 

Books

本書は、自分を「おくられ上手」に、また家族を「おくり上手」にする一冊として、これからの「理想的なお葬式」のあり方を提案していきます。
株式会社SAKURA 代表取締役 近藤卓司著「わたしの葬式心得」幻冬舎出版より発売中です。アマゾンで好評価5つ星。

ご葬儀のご相談は24時間365日

0120-81-4444