胡蝶蘭でお別れを

ご家族は口を揃えてお話しされていました。

「故人は仕事以外に趣味はないんです」

「仕事中の凛としたその姿に圧倒されました」

ご子息は

「父が目標です」

お葬式の形式(スタイル)はお通夜を仏式で、
初七日法要までをお坊さんにおつとめいただく通夜葬儀形式、告別式は音楽葬です。

告別式終了後には「故人との最後のお別れ」があります。

祭壇の花、いただいた供花の花をお切りして故人に手向けるひと時です。

通常の「お花入れ」の時には様々な種類のお花を故人に手向けます。

しかし、このお葬式では胡蝶蘭以外のお花は切らずにそのままにしました。

白い胡蝶蘭の花言葉は「清純」「純粋な愛」です。

限りない愛と情熱で家族とともに会社を成長させた故人。

まるで故人の生き方そのもののように、美しい生花祭壇とたくさんの供花のままのお見送りです。

そして、たくさんの生花は会社を引き継いだご子息への、故人からの贈り物のようでもあります。

ご子息は故人の想いをしっかりと受け止め、立派に会社を継いでいらっしゃいます。

胡蝶蘭は「繁栄のシンボル」と言われています。

この花に、父と息子の絆がしっかりと現れているのです。

ページの先頭へ