心がひとつになった瞬間

ご主人が長い闘病生活を送っていらっしゃる葉山のお客様からのご相談でした。
「音楽とお花で明るく送ってあげたい」
「献花方式で」
「親しい仲間だけで送ってあげたい」
これらのご要望を聞き取り会場は「ご自宅リビング」を提案させていただきました。
通夜のお別れ会は2部構成にします。1部はご親戚、2部は仲間の方々。
「そうするとご近所様は?」
ご逝去の際にはお式まで日程を延ばします。
お式までの3~4日の間にご近所様に献花していただきます。
その間、ご主人にはゆっくりお休みいただいてはいかがでしょうか?

以上を提案して事前相談を終えました。

9ヶ月後・・・・
ご主人はご逝去されました。
この9ヶ月の「終活」の中で様々なお話をさせていただきました。
日常生活の中に「非日常の空間を」

生花祭壇

作りあがった祭壇を飾るのではなく
季節やお部屋にあった装飾を花で施します。
カーテンをオープンにして
葉山の山々の風景をそのままに。
「幕は張りません」
「祭祀空間はご家族の気でつくります」

ご家族と生花祭壇

お別れ会の前々日。
森田(ヴァイオリン)-大澤(シンセサイザー)での
デュオ献奏をさせていただきました。
奥様、ご長女、ご家族だけの時間です。
それまでにいただいていたリクエストに加えて
「会いたかった」(AKB48) の
リクエストをいただきました。
「主人が好きでした」

お別れ会風景

そして通夜(お別れ会)当日です。
1部はご親戚のみのお別れ会。
クラシック曲中心の
「故人へのレクイエム」
2部は仲間の方々と。
リクエスト曲中心で故人を偲び、
最後は「会いたかった」(AKB48)
全員がスタンディングです。
手拍子をとったり、オタゲーをしたり。
集まった皆様の「心がひとつに」
なりました。

トリオ演奏

翌日、ご家族だけで故人をお送りしました。
ご出棺前には三重奏(トリオ)で献奏。
火葬場は真鶴聖苑です。
海が好きだった故人とご家族の「最後の小旅行」です。
2時間かけてのご着棺です。

9ヶ月間ではありますが
この「終活」を通してご家族と「心をひとつに」させていただきました。

お別れ会風景

ご家族と生花祭壇

ページの先頭へ